読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

お父さんはパーキンソン病

こんにちは、事務局のさゆりんです。 

私の父はパーキンソン病です。

自分自身で歩いたり、ご飯を食べたりすることはできますが、手は震えがあり、歩く姿はよろよろとして、話しかけても認知症のようにボーっとしています。

酪農一筋45年ですが、思うように作業ができないのが歯がゆいようで、「お父さんはもうダメだなあ~」なんて冗談半分、自分で言っています。

毎日沢山の薬を飲んでいますが、状態は少しずつ悪くなっています。

私は仕方がないのかなあ、と思っていたところ、

「お母さんにアルファスティムを試すのだから、お父さんにもどうだろう?」

との旦那さんの提案。

良くなるかはわからないけど、できることをやってみようと思い、父にもアルファスティムを試すことに決めました!

f:id:resiliencebms:20160705134812j:plain

by さゆりん(お父さんはパーキンソン病 1)