日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

「対人関係のイライラは医学的に9割解消できる」 (マイナビ新書)

f:id:resiliencebms:20160630105428j:plain

(下に何人かの書評をまとめてみました)

『イライラ体質の裏にある身体の医学的メカニズムが詳しく解説されてありました。

対人関係を改善するためのコミュニケーションスキルなどのアプローチはこの本では重要視されておらず、
ただ「自分が変わる」、すなわち考え方(認知)を変えたり、レリジエンス(困難を乗り越える力)を高めたり。
そういう方法が書かれています。

 イライラする、つまりストレスが溜まることで脳や腸といった器官に影響を与えるという事実にも驚かされました。
でも逆に言えば、食事(栄養管理)や運動、入浴などの生活習慣を改善すれば、イライラが解消されるわけです。

マインドフルネスについて学べる、今の時代に必要とする本であると思います。』