読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

自分でうまくつけれるかな?

こんにちは、事務局のさゆりんです。

アルファイスティム3日目の母の記録。(7月4日)

設定はいつもの波形0.5、電流の強さ4、時間 朝昼60分、夜は時間がなくて30分。

朝のアルファスティム終了後、「小百合のいない間は自分でうまくつけれるかな?」と前向きな反応がありました。

ということで、昼は私が見守る中、母に自分でセットしてもらうことに。

リウマチの症状で指や手の関節が曲がりボタンもやっとこさ押し、特に耳クリップをつけるが大変そうでした。

そして夜は、今まで興味をさほど示していない父が、なんと、なんと、母に耳クリップをつけてあげました。

母の体の変化は特にありませんが、両親が揃って前向きに取り組んでくれるだけで、娘は嬉しいのであります!

f:id:resiliencebms:20160705130929j:plain

by さゆりん (お母さんはリウマチ 4)