日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

仕事に行けてよかったね

こんにちは、事務局のさゆりんです。

アルファスティム6日目の母の記録。(7月7日) 設定は波形0.5、電流の強さ4、時間は朝30分、夜は60分。

もうすでに自分でサクサク設定ができるようになった母。

この日はいつもより痛みが軽く、普段できないような掃除をしていたため、昼はアルファスティムをする時間が無かったとのこと。

ここ一ヶ月は痛みがひどく、朝起きても動くことができず、ライフワークの酪農の仕事にも行けず、「自分はもう何もできなくなったんだ…」と泣いていた母ですが、父と弟が用事で牛舎に行けなかったので、二人が来るまで母が代わりに仕事をしたそうです。

「仕事に行けてよかったね」と言ってあげたところ、嬉しそうでした。

これからもこういった日が増えるといいなあ。

by さゆりん (お母さんはリウマチ 7)

 

f:id:resiliencebms:20160708191736j:plain

(実家の牛舎です。奥にいるのは私の旦那さん。)