読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

不自由な手ではボタンが押しにくい!

こんにちは、事務局のさゆりんです。

アルファイスティム8日目の父の記録。(7月9日)

またまた南房総へ来ました!

「機械のスイッチが入らなかった」ということで、昨日は1日通してアルファスティムをしていません。

私が調べたところ、母の不自由な手ではこの小さなボタンが押せなかったのが原因で壊れてはいませんでした。

ひとまず安心、とはいえ父も手が不自由なのだから、きっとうまくできないだろうなあ。

また、今回は奇跡の治療家と言われる、村田治療室の村田先生も私たち夫婦と一緒にいらしてくださいました!

村田先生は私たち夫婦が通っている大東流合気柔術壱風館の師範で、両親が病気で大変なのだという話をしたところ、お忙しい中わざわざ同行してくださいました。

治療だけでなく、アルファスティムのプローブトリートメントの仕方も教えていただきました。 ありがたいです!

こちらの様子は次の記録でおしらせします。

by さゆりん (お父さんはパーキンソン病 9)

f:id:resiliencebms:20160706010059j:plain