読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

アルファスティムとデトックス!

こんにちは、事務局のさゆりんです。

アルファイスティム9日目の父の記録。(7月10日)

奇跡の治療家、村田治療室の村田先生に父の治療をして頂き、アルファスティムの設定も見てもらいました!

村田先生によると、父も長年農業で使用してきた農薬が蓄積し、腎臓に負担がかかっているとのこと。

母と同様、デトックスとアルファスティムを同時に行うことで体が整ってくるそうです。

村田先生からプレゼントしていただいた毒素排泄に優れた『浄活茶』でデトックスできるそうです。

治療中、仰向けになるとお腹が「ギュルルル〜」と鳴り、内臓が動き始めたようです。

治療後のアルファスティムはいつもより電気の通りが良くなっていました。

また、今までは耳たぶだけでしたが、プローブを使って手足に電流を流すトリートメントを教えていただきました。

私が実家にいるときは、母と父にこちらを行うことでアルファスティムの効果がよりアップするそうです。

がんばろ!

手足に流すトリートメントは次の記録でおしらせします。

それにしても、アルファスティムの効果においてデトックスが重要だったなんて!

村田治療室 

https://goo.gl/PZoaI3

by さゆりん (お父さんはパーキンソン病 10)

f:id:resiliencebms:20160712170756j:plain

f:id:resiliencebms:20160712165627j:plain