読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

病気を持っている人は健康な人よりも通電が悪い

こんにちは、事務局のさゆりんです。

一昨日から村田治療室の村田先生に教えていただき、プローブを使用したアルファスティムのトリートメントを始めました!

手の指、手の労宮のツボ、足の指、足の湧泉のツボ、首に電流を流すことで全身の神経が徐々に整ってくるそうです。

村田先生曰く、病気を持っている人は健康な人よりも通電が悪いそうですが、父の足は通電が非常に悪かったです。

父は病気の症状で歩き方がヨロヨロでよくつまづきます。

こういった状態だから、通電が悪いのも納得です。

アルファスティムを続ければ、だんだん通電が良くなるそうですから、私が実家に帰る際にはプローブトリートメントを必ずしようと思います。

村田先生、いろいろとありがとうございました!

村田治療室 https://goo.gl/PZoaI3

by さゆりん (お父さんはパーキンソン病 11)

f:id:resiliencebms:20160713201352j:plain