日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

自然治癒力が高まるのだから、お父さん頑張って!

こんにちは、事務局のさゆりんです。

アルファスティム13日目の父の記録。(7月14日)

この日は忘れていたため、朝夜なしで昼のみです。

設定は波形0.5、強さは2.5、時間60分。

母と同様、父も以前より電流の強さを下げても感じるようになってきました。

村田治療室の村田先生によると、病気の重い人ほど通電が悪く、アルファスティムを行っているうちに徐々に通電は良くなるとのことです。

通電が良くなると症状が良くなる、というわけではありませんが、神経が整うので自然治癒力が高まるそうです。

通電が良くなるという変化は出てきましたので、アルファスティムをできるだけするよう、次に南房総に行った際に言わなくちゃ!

村田先生から手足用のパッドもいただいたことですし。

村田先生、ありがとうございます!

村田治療室  https://goo.gl/PZoaI3

by さゆりん (お父さんはパーキンソン病 14)

f:id:resiliencebms:20160717143342j:plain