日本レジリエンス医学研究所

 人はボディ・マインド・スピリット三位一体の存在です。それぞれのレジリエンス(回復力・抵抗力・復元力・耐久力)を高める医学を「レジリエンス医学」と呼びます。  当研究所は、レジリエンス医学の中核を担う存在として、各種の最先端レジリエンス医療プロトコルの研究開発事業を推進しています。  レジリエンス医学の効果と最新の研究を、これからどんどんお披露目していきますので、どうぞお見逃しなく!

父は使い方を覚えられそうにありません

こんにちは、事務局のさゆりんです。

アルファスティム17日目の父の記録。(7月18日)

設定は波形0.5、強さは3(夜は何も感じないとのことで強さは4)、時間は朝夜60分、昼30分。

さゆりん夫婦は本日は南房総に来ました!

村田治療室の村田先生に頂いたパッドをプローブの代わりに使用しました!

手にペタっとくっつくので、父も母のように自分でできるかな?と思ったけれど、使い方を覚えられそうにありません。

手足のアルファスティムは私のいる時限定になりそうです。

村田治療室  https://goo.gl/PZoaI3

by さゆりん (お父さんはパーキンソン病 18)

f:id:resiliencebms:20160721210844j:plain